レノボ秘密のeクーポンはWeb広告限定サイトにあり

レノボには、秘密のeクーポンというものが存在します。一体何が秘密なのでしょうか?

レノボはメルマガ限定、週末限定といった様々な形でクーポンを提供しています。メルマガの登録は公式サイトで行う事が出来ますし、週末限定クーポンも毎週公式サイトで閲覧が可能になります。

しかし、Web広告限定サイトは別です。Web広告限定サイトは公式サイトより直接リンクが出来るようにはなっておらず、URLを知っているか、またはgoogleやYahooといった検索エンジンで調べる他ありません。

Web広告限定サイトにはサイト限定のクーポンがあり、この限定クーポンこそがレノボの秘密のeクーポンと言われるものなのです。秘密のeクーポンは他のクーポンに比べ更にお買い得になっている事が多く、レノボ製品の購入を検討している方にとっては絶対に欲しいところですよね。

検索エンジンにて検索をかけ、サイト左上に“Web広告限定サイト”と記載されていれば正解です。毎日でも訪問出来るよう、必ずURLの控えを取っておくかまたはお気に入りへ登録しておくようにしましょう。



パソコンのスリープと休止状態の違い

パソコンには一時的に停止状態になる、スリープと休止状態があります。
このスリープと休止状態にどのような違いがあるか知っていますか?
どちらも一時的にパソコンは停止状態になり、再度起動すると作業途中の状態から
復活させることができるので、その点では同じように見えます。
では、どうしてスリープと休止状態に分かれているのか、それには明確な違いがあるからです。

・スリープ(スタンバイ)
スリープはスタンバイとも言われる状態で、直前に起動しているプログラムなどを
メモリ上に保存して電源の供給を少なくする機能です。
メモリ上に保存しているので、ある程度の電気を消費し続けますが
再度、起動する際には比較的早く元の状態に戻すことができます。
しかし直前の状態をメモリ上で保存しているため、電源供給が完全に断たれると
メモリ上に保存したデータは全て消失してしまいます。

・休止状態
休止状態はスリープと違い、直前に起動しているプログラムなどの情報を
メモリ上ではなくハードディスクに保存し電源供給を可能な限り少なくします。
メモリは起動していないため、ほんのわずかな電力しか消費しません。
メモリ上であれば、電源供給が停止するとデータが消えてしまいますが
ハードディスク上に保存しているのでその心配はありません。
しかしスリープに比べると、再度起動させて元の状態に戻るのに時間がかかります。

このようにスリープと休止状態には違いがあります。
少しの間だけパソコンを停止させたい場合は、シャットダウンするのではなく
スリープや休止状態を使った方が電力消費量を抑えることができます。
あとは、データの消失をどうとらえるかによって、スリープか休止状態かを
選択するとイイでしょう。